🌏 配送料・関税表示

配送料・関税をShopify決済ページに表示させる方法について、下記手順に従い登録してください。

この機能を使用すると、各配送サービスからAPI経由で取得した配送料、関税の正確な金額をShopifyのチェックアウトページに表示することができます。

これにより、購入後の手続きを効率化することができます。

この機能を使用するには、ShopifyのPremiumプランかShopify Plusプランに加入している必要があります。

プランの変更などについては、support@shopify.comご連絡ください。

※Shopifyのプランについて:https://www.shopify.com/jp/pricing

送料計算の正確性について

  • 送料・関税の計算の精度は、HSコード、商品の原産国、重量、商品価格など、お客様で入力していただく設定に依存します。

  • 季節性の要因によるサーチャージなど、送り状を発行した時点と実際に出荷する時点で価格が変動する場合は、事前に表示された想定送料と実際に請求される費用が異なる場合がございます。

事前準備

①Shopify商品にHSコード、原産国、重量を設定する

Shopifyの商品詳細ページから、HSコード、原産国、重量を設定します。

設定の仕方について、詳しくはShopifyヘルプページを御覧ください。

※AnyLogiの商品マスタにも設定が必要です。詳しくは以下のページを御覧ください。

②Shopifyで「配送先住所の電話番号」を必須に設定する

海外出荷には購入者の電話番号情報が必須になっています。

「設定」→「チェックアウト」を選択

「お客様情報」の「配送先住所の電話番号」を必須に設定

③AnyLogiで配送プランの表示をONにする

ストア情報ページで、「Shopifyのチェックアウトページに配送プランを表示する」という項目をONにします。

④Shopifyで配送プロファイルを設定する

「設定」→「配送と配達」を選択

ステップ③が完了していれば、各配送エリアの「配送業者とアプリの料金」のタブに、「Anylogi Shipping Rate Provider」と表示されます。これが表示されていれば、設定は完了です。

Shopifyの配送料の設定については、詳しくはShopifyヘルプページをご参照ください。

ご利用方法

事前設定が完了していると、Shopifyのチェックアウトページに以下のように配送プランが表示されます。

表示される配送料金について

AnyLogiアカウントに接続されている配送サービスで利用可能な配送プランのうち、以下のプランが自動的に表示されます。

  • 最も配送料金が安いプラン

  • 最もお届け予想日が早いプラン

  • 最も配送料金が安いプラン+関税(DDP)

  • 最もお届け予想日が早いプラン+関税(DDP)

この他に、Shopify設定でカスタムした配送料も同時に表示できます。

ストアの通貨が日本円以外に設定されている場合は、配送料も自動的にその通貨のレートで表示されます。

送り状の自動作成について

購入者がチェックアウトページで配送プランを選択すると、そのプランで自動的に送り状とコマーシャル・インボイスが作成されます。

作成された書類は、AnyLogiの「海外配送」ページの「出荷準備完了」タブからダウンロードできます。

ただし、以下の場合には送り状は自動で作成されません。

  • 送り状を発行するための情報が不十分な場合(例:配送先の電話番号が入力されていない)

  • AnyLogiか配送キャリア側で予期しないエラーが発生した場合

その場合は、「出荷待ち」タブで受注情報を確認し、手動で送り状を発行する必要があります。

送り状を手動で作成する場合

基本的な手順は、以下のページを御覧ください。

購入者がどの配送プランを選択したかは、Shopifyの受注ページからご確認いただけます。

最終更新